|||

『シン・ウルトラマン』を観てきた

『シン・ウルトラマン』を観てきました。

至る所にオマージュが

我ら、幼いながらもリアルタイムで観ていた世代には格別ですな。

たとえば、オープニングですが、絵の具が渦巻いたような背景に一瞬「シン・ゴジラ」 と映って、それを突き破って赤い背景の白文字で「シン・ウルトラマン」と表示されます。 これ、テレビの初代ウルトラマンのオープニングのオマージュです。オリジナルは、 「シン・ゴジラ」でなくてウルトラマンの前にやっていた「ウルトラQ」というタイトルになっています。

映画が始まると、禍特対が倒した禍威獣たちが列挙されます。これらは実は「ウルトラQ」で 登場した怪獣たちです。

そして最初に登場するゴメスですが、これは『ウルトラQ』では東宝映画「ゴジラ対モスラ」で使用されたゴジラの着ぐるみを改造して使われましたが、『シン・ウルトラマン』では『シン・ゴジラ』で使用したCGデータを流用しているとか。

禍威獣としてウルトラマンが戦うのはネロンガとガボラですが、この2体と冒頭で描かれるガボラは実はテレビシリーズでは同じ着ぐるみを改造して出来た怪獣です。『シン・ウルトラマン』ではCGが使われているので着ぐるみの使い回しをしているのでなく、当時の子供でも知っていた当時の着ぐるみの使い回し1に対するオマージュでしょう。

メフィラス星人や、ゼットンとゾフィーについてもほぼ初代テレビシリーズのシナリオ、 または当時の流布していたエピソード2をなぞった形でなじみ深いものでした。

テレビ初代『ウルトラマン』との違い

一番の違いはウルトラマンの見た目でしょう。再現度という点では100点満点です。背中のファスナーがないのがよい時代になったなぁと感じる部分です。

しかし、大きな違和感が一つありました。カラータイマーがシン・ウルトラマンにはないんです。まぁ、企画段階では昭和のウルトラマンもカラータイマーがなかったらしい。眼の部分に覗き穴、スーツ着脱用ファスナーに伴う背びれ、カラータイマーは初代ウルトラマンのデザインをした成田亨が望まなかった要素なので、彼に対するリスペクトなのでしょう。

また、『シン・ウルトラマン』ではほとんど怪獣との取っ組み合いはありません。 長距離から光線とかの応酬で勝負が付きます。昭和の頃はプロレスが流行していたので、 怪獣プロレスも大いに盛り上がったでの入っていたのでしょう。子供ながらに「最初からスペシウム光線を撃てや!」って思っていたので、まぁこの戦い方のほうが合理的なのでしょう。

『シン・ウルトラマン』の感想

個人的にはストーリーも昭和のままでオマージュあり楽しめました。

一緒に見に行った相方は、「ストーリーが難しいから、子供は楽しめないかもね」と言っていました。いや、昭和の時も子供はこれくらい理解していたぞと思いましたが、黙っておきました。

逆に、ここまでマニア向けの作りなのにヒットしてるのが謎です。 おそらく50代以下の人には何のオマージュだかもわからないでしょう。

なぜ若い人は見に行ってるんだ? シン・ゴジラのヒットに引っ張られてるのかな?


  1. 当時の子供は怪獣のプロマイドを買って毎日眺めていたので、こういった着ぐるみの使い回しも気付いて友達を情報交換したものです。↩︎

  2. 初代ウルトラマンのテレビ最終話「さらばウルトラマン」では「ゼットン星人が操る怪獣ゼットン」であったが、放映後に円谷プロが配布した資料ではゾフィーについて「ゼットンを操る宇宙人」となっていたため、当時の雑誌や書籍ではゼットン星人と混同されているケースが多く、今回の映画はこれを意図的にシナリオに取り入れたものと思われる。↩︎

Up next 「フロッピーディスク」まだまだ現役? 千葉でおばんざいを楽しめる店 Dashi
Latest posts 通いたい洋食屋さん BISTRO FUKUMOTO 昭和の頃の居酒屋 呑 (どん) クレジットカードで予定納税 千葉中央の隠れ家バーでランチ 日向坂48 佐々木久美に導かれた結果・・・ ZARUYA the Ridgeの上を行くか? Groove Wallet カゴメトマトジュース飲み比べ 歯ごたえのある太麺が魅力 千葉栄町富喜製麺所 Goodbye Internet Explorer 失敗しない「大人の鉄板」 超精密構造T字カミソリ Henshing Shaving 「Henson」 壱岐焼酎 𨕫尾 (しめのお) Pixel6 Pro ワイヤレス充電不調で交換 AmiLi coffee brewers - 美容院併設のカフェ ロードスターRF おすすめオプション ボリューム満点 珊珊の二色丼 薫り高い珈琲を! 珈琲羅坊(Coffee Labo) 大満足のBOSE QuietComfort Earbuds 千葉でおばんざいを楽しめる店 Dashi 『シン・ウルトラマン』を観てきた 「フロッピーディスク」まだまだ現役? 1円投げ売り、BALMUDA Phone カゴメの高級トマトジュース 「あじわうトマト」 最高の切れ味 ハイ・ステンレス両刃 読了『同志少女よ、敵を撃て』 インド 小麦輸出停止 SwissMicros社 新機種 DM32発表か? [読了]『老人と宇宙』 道の駅 富楽里でスイーツ「えびのしっぽ」 スプラトゥーン3 今わかっている事実 壱岐焼酎 モンキーロック